施工実績詳細

一例をご紹介

リフォーム S様邸 ~2F洋室天井に断熱材を~

公開日 2022-04-22

壁や天井を剥がした部屋
     

S様邸2F洋室編に突入です!


まずは、火災によって汚れてしまった壁や天井を剥がしていきます。お隣さんのお家も近いですし、火災があると怖いですよね(>_<)

しかし、こちらのお宅は内装解体工事のみでリフォームが済み、お家の構造体には問題がなかったのは不幸中の幸いでした。

床も補強しながら新しいフローリングへと生まれ変わります!

-天井に断熱材を-

断熱材を入れた天井

天井に断熱材が無い場合、室温が高くなったり冷え込んだり、エアコンなどの電気代がかさみますよね。

そこで、天井の断熱リフォームをオススメします!

今回は『敷き込み工法』を採用しましたー


【敷き込み工法の流れ】

①壁体内への外気の侵入を防ぐため、カットした断熱材で壁の中の空気の通り口を塞ぎ、気流止めをする
②吊木の周りに隙間ができないよう、断熱材に切り込みを入れながら敷込む
③屋根裏全体に断熱材を敷込んで完了


また、小屋裏の利用の仕方で断熱の方法(屋根断熱など)は変わってきますので、その都度打ち合わせをし、決定していくと良いと思います。



-壁にも断熱材を-

断熱材を入れた壁

天井だけではなくもちろん壁にも断熱材を敷き詰めていきます。

壁を断熱材で覆うことで外気の影響を受けにくくなり、冬場に寒くなりがちな廊下やトイレ、浴室などの快適性が上がります。

また、断熱性能を高めることにより、冷暖房の効率アップや結露防止効果もあります。

-いよいよ壁紙を-

壁紙を貼る前の壁
壁紙をはる職人

断熱材を入れ壁や天井を板で覆います。仕上げは壁紙をはっていきます(^^)/

クロス貼りは職人さんの腕の見せ所です。

壁紙もメイクも下地が大切!!きれいな下地できれいな仕上がりを目指しましょう♪

きれいにしわなく貼れた時は見ているこちらも気分がいいです☆

-洋室の完成-

新しい洋室

壁紙も貼り終え、いよいよ洋室の完成です!!

一部分をオシャレな柄付きの壁紙にすることによってお部屋の雰囲気もガラッと変わりますね♪


壁紙はもちろん、床やドアの色などを変えられるのはリフォームならではの楽しみではないでしょうか。





対応可能エリア:横浜市・川崎市・大和市・藤沢市・神奈川県内及び都内近郊

その他の関東地方:要相談



どんなに小さな工事でも、ご相談ください!



ご自宅のことでお困りのこと、わからないこと、なんでもお聞きください!



お待ちしております。



お問い合わせへの導線